2012年8月アーカイブ


過払い金返還請求という言葉をよく耳にするようになったと思います。
実際にどういったことなのか、意味をよく知らない人も多いと思いますので、簡単に説明しましょう。
過払い金請求とはどういう制度かというと、借金をした業者に対して本当は払わなくてよかった分のお金を返してもらう方法です。
これは、借金をしている全ての方が当てはまる訳ではなく、ある程度の借入期間がないと該当しない場合もあります。
債務整理とは破産や特定調整、個人民事再生、任意整理をまとめて言います。
こういった手続きはまったく法律について素人である個人でする事は難しいですね。
そこで、誰かに相談したいと思うでしょうが、誰に相談して良いかわからないと思います。
まずは司法書士事務所に相談してみてはいかがでしょうか。
昔ならこういった事務所は敷居の高い所だと思われていましたが、今では事務所の数も増えましたし、無料相談を行っている所もあり、気軽に相談に応じてもらえます。
大阪で過払い金返還請求をお願いするなら、まずは電話で相談してみるといいでしょう。



昔は生活が苦しい人が消費者金融で借金を行い、返せなくなるというケースが多かったのですが、最近では主婦や学生がついうっかり使いすぎた挙句、多重債務者になることが多いみたいですね。
とはいえ、親や友人には迷惑はかけられないのでなんとかしたいがお金を返す方法はないという方は、まずは司法書士に依頼して、過払い金返還請求を起こすことをおすすめします。
過払い金というのは、消費者金融などに払いすぎたお金のことで、払う必要がないものなので、返してもらえるのは当然の権利といえます。
どういうことかといいますと、利息制限法では借金をする際に発生する金利に、制限を設けているのですが、ほとんどの貸主が、出資法での上限金利29.2%に近い金利で貸出を行なっているため、過払い金返還請求を起こせば、それを取り戻せるというわけです。
今はネットでいくらでも、東京だろうと大阪だろうと日本全国の評判の良い司法書士を見つけられるので、債務整理に興味がある方はぜひどうぞ!

債務整理の相談をするなら、弁護士の事務所に問合せましょう。
借金は、放っておくとどんどん増える一方です。
よく、資格のない人がボランティアの救済センターのような顔をして債務整理を請け負う広告を出していますが、注意しましょう。
もちろんボランティアのはずはなく、お金儲けのためですので、手数料とか入会費などと称して、必ず後から法外な報酬を請求されます。
けれど、弁護士以外の者が、弁護士にしか許されていない交渉等を有償で行うのは、犯罪行為です。
あえて依頼すれば、あなたも犯罪者になります。
ですから、必ず資格のある弁護士に依頼すべきです。
債務整理には、債務(つまり借金)をゼロにしたり、減額する方法があります。自己破産や個人再生など、法的整理と言われる方法を取れば、債務は全額または大幅に免除されることになります。
また、いわゆるグレーゾーン金利でのキャッシング取引が長期間あったならば、過払い金の返還請求ができることもあります。
任意整理とは、裁判所の手続きを利用せず、債権者との交渉によって債務の額を減らすものですが、弁護士が法律に則った利率で計算し直すと、返済し過ぎている場合もあるので、取り戻す手続きである過払い金請求ができるわけです。

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja