クオークローンからプロミスへの契約切り替え・債権譲渡

【問題の所在】

クラヴィスという会社があります。クラヴィスは、平成24年7月5日、破産手続開始決定を受け、倒産しました。

クラヴィスは、以前はリッチ、ぷらっと、クオークローン、タンポートという名称であったこともあります。このクラヴィスから、プロミス(現SMBCコンシューマーファイナンス)に対して債権譲渡(契約切り替え)があった場合に、プロミスが、クラヴィスとの取引の際に発生していた過払い金についても承継しているかどうかという点が争いになります。

クラヴィスは破産していますので、クラヴィスから過払い金を回収するのは事実上不可能ですから、債務者は、過払い金をプロミスに承継してもらい、クラヴィスとの取引時代に発生した過払い金も、プロミスに支払ってもらいたいのです。しかし、最高裁は、債権譲渡の場合と契約切り替えの場合で、プロミスの過払い金の承継について、異なる判断をしました。

プロミスからクオークローンへの「契約切り替え」事案

クオークローンと取引を継続していた債務者が、取引中に、プロミスからの勧誘に応じて、プロミスとの間で、クオークローンに対して負担する債務をプロミスからの借入れにより完済する「切替契約」を締結したという事案です。

この契約の際、債務者は、「残高確認書兼振込代行申込書」という書類に署名して、プロミスに差し入れています。この書類は、下記のような内容です。

  • プロミスから、クオークローンに対して負担する債務をプロミスからの借入れにより完済する切替えについて承諾すること
  • 切り替えの時点におけるクオークローンに対する残債務を完済するため、同額をクオークローン名義の口座に振り込むことをプロミスに依頼すること
  • 本件取引に係る紛争等の窓口が今後プロミスとなることに異議はないことなど

最高裁は、この契約切り替えの事案において、クオークローンからプロミスへの過払い金の承継を認めました(最高裁平成23年9月30日判決)。クオークローンとプロミスとの間で締結された債権譲渡基本契約中の債務引き受け条項は、顧客を第三者とする、「第三者のためにする契約」の性質を有しており、残高確認書兼振込代行申込書に署名をして提出することにより、受益の意思表示をしたものとして、過払い金の承継を認めたものです。しかし、最高裁判決以降も、プロミスは、切り替え事案についても争っており、控訴審で敗訴して初めて過払い金を支払うような状態が続いています。

プロミスからクオークローンへの「債権譲渡」事案

こちらは、上記の切り替え事案とは異なり、クオークローンからプロミスへの債権の移行をする際に、プロミスとの契約の切替を行わなかった顧客に対する債権が、「債権譲渡」によってプロミスへ譲渡された事案です。

こちらの債権譲渡の事案では、最高裁は、契約切り替えの事案と異なり、クオークローンからプロミスへの過払い金の承継を認めませんでした(最高裁平成24年6月29日判決)。債権譲渡の事案では、債務者は、第三者のためにする契約に関して、受益の意思表示をしていないことを理由としています。契約切り替え事案では、債務者は、プロミスの勧誘に応じて、残高確認書兼振込代行申込書に署名をして提出しており、これが受益の意思表示であると最高裁平成23年9月30日判決では認められたのですが、債権譲渡事案では、この受益の意思表示がないということで、認められなかったのです。

また、上記の判断の前提として、タイヘイからCFJへの債権譲渡についての最高裁平成23年3月22日判決の、下記の内容を引用しています。

貸金業者(以下「譲渡業者」という。)が貸金債権を一括して他の貸金業者(以下「譲受業者」という。)に譲渡する旨の合意をした場合において,譲渡業者の有する資産のうち何が譲渡の対象であるかは,上記合意の内容いかんによるというべきであり,それが営業譲渡の性質を有するときであっても,借主と譲渡業者との間の金銭消費貸借取引に係る契約上の地位が譲受業者に当然に移転すると解することはできない。


そして、債権譲渡の場合、債権を一括譲渡した貸金業者から、譲り受けた業者に対して、過払い金債務は当然には引き継がれず、そして、契約切り替え事案においては、債権譲渡基本契約中の債務引き受け条項は、顧客を第三者とする、「第三者のためにする契約」の性質を有しており、残高確認書兼振込代行申込書に署名をして提出することにより、受益の意思表示をしたものとして、過払い金の承継を認めましたが、この受益の意思表示も存在しない債権譲渡事案では、プロミスが過払い金を引き継ぐことはないと判断されたものです。

この判決により、債権譲渡事案では、プロミス株式会社に対して、クオークローン時代の取引の過払い金も併せて請求することは難しくなりました。

このページの先頭へ